• ホーム
  • クラミジア検査キットで自分でも検査ができる!安いのも魅力

クラミジア検査キットで自分でも検査ができる!安いのも魅力

2020年01月13日
悩んでいる男性

性感染症の多くは、初期症状の段階で強い痛みや高熱などの自覚症状が出にくいという性質があります。このため発病して体の異変を感じたとしても、自覚症状だけで病気の種類を見分けることが難しい場合がほとんどです。細菌感染症の治療では病原体ごとに有効な抗菌薬を選択して服用する必要がありますが、病気の正体が判明しないと治療を始めることができません。誤って病原菌に対して効果のない治療薬を服用し続けると、病状が悪化してしまう恐れがあります。

性器や泌尿器に自覚症状を感じてクラミジアであることが判明すれば、ジスロマックやアジーを服用して治療を開始することができます。ただし淋病やトリコモナスのようにクラミジア以外の性感染症である可能性もあり、このような場合はジスロマックやアジーを服用しても効果がありません。抗菌薬を服用して治療を開始する前に、病原体の種類を確認する必要があります。そのため、病院やクリニックで診察を受けると病原体の種類を調べるための検査が実施されます。

病院で診察を受けずに自分で治療薬を入手してクラミジアの治療をする場合も、薬を飲む前に病原菌の種類を確認しておく必要があります。安い費用でクラミジアであることを確認する方法として、ネットショップを利用してクラミジア検査キットを購入して使用することができます。性病検査用の検査キットは自分で検体を採取しますが、国内向けに販売されている製品は検査機関に検体を返送してから1週間後に結果を確認します。海外向けに販売されているクラミジア検査キットには検査試薬も同封されていて、自分で試薬の色の変化を見てすぐに結果を知ることができるようになっています。

クラミジアは治療が1週間も遅れると症状が悪化してしまうので、早めに病原体の種類を特定して治療薬を服用することが大切です。安い費用で検査をして薬を服用して治療をしたい場合には、その場で検査結果が判明する試薬付きのクラミジア検査キットのほうがおすすめです。

検査試薬が同封されたタイプのクラミジア検査キットは日本では薬事承認されていないため、国内のお店や大手通販サイトでは購入することができません。海外向けに販売されているクラミジア検査キットを個人輸入する方法であれば、日本に居ながら購入することができます。処方箋薬などの医薬品の個人輸入の代行サービスを提供する会社の通販サイトであれば、海外向けに販売されているクラミジア検査キットが扱われています。海外で販売されている検査キットを個人輸入して入手すれば、病院で検査を受けるよりも安い費用でクラミジア感染の有無を確認することができます。